• ご相談・お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

お問合せ・お見積りまでの流れ

お問合せの流れ

1.お問い合わせ & 技術打ち合わせ

 

まずはお問い合わせください。
ご依頼の際、図面が既にある場合はEメールかFAXでご送信ください(CADデータがある場合はCADデータをご送付頂ければ、やり取りがスムーズです)。製品の納期や数量、材料や作業条件が確定している場合はその旨もお知らせ下さい。いただいた情報をもとに、まずは技術的なお打ち合わせを実施いたします。

2.試作設計、量産設計

試作プレス部品設計

試作プレス部品設計

試作の順送プレス部品の場合は、お客様のご要望をふんだんに取り入れた、プレス部品のレイアウト図を作成します。DR(デザインレビュー)も実施し、お客様の求めるプレス部品になっているかの確認をいたします。

量産設計

プレス部品のレイアウト図作成

お客様のご要望を取り入れたプレス部品のレイアウト図を作成します。DR(デザインレビュー)も実施いたします。

金型組図作成

量産時の設計では、金型の組図まで綿密に作成し、お客様からのDRによるご承認までいただきます。何年も続く量産加工のため、金型組図を丁寧に設計&確認するプロセスが必要となります。

3.金型部品図面&パーツ製作

 

お客様のご承認後に、まず金型部品の図面を作成し、プレス部品を作るための金型の部品製作が始まります。当社では、一定温度に整えられた恒温環境の工場にて加工を行うため、温度や湿度に左右されない、高精度な金型部品加工を行うことができます。また、高精度加工を実現する金型部品のための工作機械と、金型部品加工の専門スキルを兼ね備えたハイレベルな技術者により、金型部品の製作が行われます。

4.金型組立調整

 

お客様要望に近いプレスを使用しトライを行い、問題点の潰しこみを行います。いち早くお客様が抱えるお悩みを解決して形にするサービス対応力が当社の強みです。トライと検証のサイクルを素早く回して、お客様の求める薄板プレス部品を製作いたします。

5.トライ / サンプル出荷

 

お客様要望に近いプレスを使用しトライを行い、問題点の潰しこみを行います。いち早くお客様が抱えるお悩みを解決して形にするサービス対応力が当社の強みです。トライと検証のサイクルを素早く回して、お客様の求める薄板プレス部品を製作いたします。

6.出荷・納品

 

サンプルがお客様のご要望に叶い次第、合格検定後に、サンプル品の出荷をいたします。宅急便やバイク便等、お客様のご都合にあわせてプレス部品をお送りいたします。また、プレス部品の納品のみの場合や、金型もあわせて納品する場合もございますので、臨機応変に納品対応をいたします。(試作トライを行ったお客様で量産見込みがある場合は、お早めのご連絡をお待ちしております。)

ページ上部へ