• ご相談・お問い合わせ
  • 資料ダウンロード
  • mv01
  • mv02
  • mv03
無料相談・お問合せはこちら!

製品事例

最新の製品事例一覧

もっと見る

薄板プレス加工センターが提供する【商品・サービス】

薄板プレス部品に関してお困りの方は、まずは薄板プレス加工センターまでご相談ください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0225-72-2777

お問い合わせ

資料ダウンロード

技術コラム

プレス加工や順送金型に関する専門知識やノウハウが満載のコラムです。

  • リードフレームについて徹底解説!

    リードフレームとは?リードフレームとは、集積回路(IC)や大規模集積回路(LSI)に用いられ、半導体の内部配線として使われる金属素材の薄板のことです。この薄板には、ダイパッド上に搭載される半導体素子と配線をつなぐインナーリード先端が同一平面上に配置され、アウトリードと共に構成されています。そして、薄板の本体部分から外側に飛び出しているクモのような足の形をした端子部分もリードフレームの一部となっていて、この部分は一般的にリードと呼...

  • リン青銅のc5210とは?プレス加工のポイントについても解説!

    <目次>・リン青銅とは?・C5210とは?・c5210の特徴・c5210のプレス加工のポイント・ナカトガワ技研の順送プレス金型・薄板プレス加工品が選ばれる理由 リン青銅とは?リン青銅とは、銅(Cu)を主成分とし、錫(Sn)を含む青銅の種類の一つです。青銅の脱酸の際に、リン(P)を用いるため、合金中に僅かにリンを含有しています。青銅との違いは、溶接鋳造時にリンを添加することより脱酸すると同時に、溶湯の湯流れが良くなることで鋳造性を向上させている点...

  • 【技術提案】クラックの起きやすいリン青銅は、曲げ加工を工夫して高品質プレスを実現

    こちらは、非常に硬いC5210RHQ-XSHというバネ用リン青銅かつ、板厚よりも小さな曲げR部がある難易度の高い薄板プレス部品に対して、曲げ工程を分割することで高精度プレス部品の製造を可能にした、技術提案事例です。 Before:非常に硬いバネ用リン青銅で、スプリングバック&クラックが発生してしまう..。お客様からは、C5210RHQ-XSH製の端子の製造について、ご相談いただきました。このC5210RHQ-XSHというリン青銅は、非常に硬い材料として知られており、ク...

  • 【技術提案】工程集約パーツによるスリット抜き加工でコストダウン

    こちらは、多くの工程がかかっていた順送プレス加工品に対して、工程集約パーツを用いることでコストダウンに成功した技術提案事例です。 Before:7工程かかっているプレス加工品をコストダウンしたい...お客様は、非常に多くの工程をかけて順送プレス加工をされていたとのことでした。しかしコストダウンをしたいとのことで、当社にご依頼をいただいた試作部品です。試作段階のため、あまり費用と時間もかけずに生産できる方法がないかということで、当社にた...

もっと見る

薄板プレス加工センターの特徴

当サイトを運営する株式会社ナカトガワ技研は、「知る人ぞ知る」東北最大手の試作順送金型メーカーです。
  • 設備体制

    金型製造やプレス加工に必要な設備が全て整った設備体制により、金型の設計製造から検査、プレス加工まで一貫して行うことができます。

  • 技術力

    米粒ほどの大きさにも加工することができるのは当たり前。そのような高精度加工を安定的に行うのが、当社の技術力です。

  • アイデア

    累計3,000型の製作実績がある当社では、今までの試作品を全てサンプルとして保存しております。この蓄積されたサンプルにより、様々な金型形状を生み出すことができます。

お客様の想いを形にして、安心いただけるプレス製品をお届けいたします。
薄板プレス加工センターについてもっと知る。

お客様に選ばれる7つの理由

薄板プレス加工センターがお客様から技術相談や試作依頼をいただく理由をご紹介します。
ページ上部へ